クレジットカードでやらないほうがいいことは?

クレジットカードでのお買い物は気軽に出来る反面、請求書が来てびっくり!なんてことがあります。

請求が来てから慌ててリボ払いにして、何とか支払えたということがあります。ですがクレジットカードでのリボ払いほど怖いものはありません。

返済は分割になるので楽なんですが毎月金利を支払いますし、いつまでもカードの返済が終わらない気分になってしまいます。

せっかくポイントがもらえても金利を支払っていては意味がありません。

そこでクレジットカードで支払ってもいいもの、支払うものをあらかじめ決めるようにしました。

日常のお買い物で頻繁に使うのを止めたら支払額も減って、リボ払いを利用することもなくなりました。クレジットカードで支払う時におすすめのものは、毎月だいたい決まった額の支払いになるものです。

光熱費、家賃、通信費、保険料といった項目です。おおよその額も分かりますので、安心感もあります。

お買い物に利用するなら面倒でもその都度いくらカード払いにしたのか、家計簿に記録しておきます。

そうすれば請求書が来てからびっくりするようなことも防げます。

また食費もだいたい毎月一定額になりますので、カード払いにしています。食品は買う機会も多いため家計簿に記録する手間も省けて一石二鳥なのです。